ゆっくりとさよならをとなえる

いざ、生きめやも/さよならの学者に、なりたい

その続き

夢の続きをみたい。それは彼に会うことで叶うことかもしれないし、一人で横たわってうとうとすることだけでも叶うかもしれない、と思っていろいろとよくぼうする。会いたい、とか、一生眠りたい、とか。けれども、決して叶うことはないのである。もう一度、と願って目をつむるけど、どうしても同じ夢の世界には二度と戻れない。どこを探しても、どこにもないのである。彼なら知っているかもしれない、とふと思いつく。彼は知らないと言ったとしても、私は彼ならと思い込んでしまう。どうしてだろうな。

広告を非表示にする