ゆっくりとさよならをとなえる

いざ、生きめやも/さよならの学者に、なりたい

永遠の友情

付き合ってた時、永遠の友情を感じることもあって、そのことが私を孤独にしていた、ときっと彼は理解しないだろう。親切で礼儀正しかったけれど、情熱的であったり献身的であったということがなかった彼に、私はだんだん不信感を募らせていった。この先、もしまた出会ってやり直すことになったら、もう私は正気ではそれができないだろうな。傷つくのが怖いし、同じ繰り返しはもっと怖いし。

彼と友達になるのが一番楽だろうな。一度でいいから、訊きたいこと全部ぶつけてみたい。そうして納得のいくまで問い合わせたい。答えをききたい。

広告を非表示にする