ゆっくりとさよならをとなえる

いざ、生きめやも/さよならの学者に、なりたい

私=

ただ、彼と同じになりたかっただけなんだ。そうして彼を、そして自分自身をなによりも救いたかっただけ。ただそれだけなんだよ。同じになった、と思ったら、彼がいなくなった。

広告を非表示にする