ゆっくりとさよならをとなえる

いざ、生きめやも/さよならの学者に、なりたい

なぜ、かなしい?

なにがこんなにかなしいのだろうな。毎日やさしくしてもらっているし、私は一人じゃない。けど、お別れされていなくなった人が急に私の心を乱暴につかんで離さない。どうしているだろう、いなくなられてから、あわなくなってから、なおも深く愛するようになった。元気かな。もし、会えたらもうなにもいらない、とも言えなくなってきた、他の大事なものもできたから。けど、会えたらいいな。話をして訊きたいことたくさんあるから全部受け止めてもらいたい。私はたくさんのやさしさの中にいる、けど、ひとりを感じる時がある。