読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりとさよならをとなえる

いざ、生きめやも/さよならの学者に、なりたい

いつから彼にとって私は敵になったんだろう。私にとっていつから彼は敵になったんだろう。

いろんな問いに疲れて、横になる。目をつむる。眠ろうとすると、自動的に汚いつらい思い出ばかり再生されて、私は平安に眠れない。だからしかたなく、眠っていないだけ。起きているわけでもない。