ゆっくりとさよならをとなえる

いざ、生きめやも/さよならの学者に、なりたい

夢の途中

夜中に一人で暗い中目がさめるのにも慣れた。もう私は彼を思い出さないはず。けれど、彼が戻ってくると考えずにはいられない。戻ってきてほしいから。夢の終わり。