読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりとさよならをとなえる

いざ、生きめやも/さよならの学者に、なりたい

こっちにおいで

やっと以前よりは比較的恋愛への意欲というか、生きる希望を数えるくらいのことに興味が出てきて、今、回復途上にいる。私は回復するためには彼と関わらない方がいいんだと思う。けど、その途中で、なんの前触れもなく、いきなり彼の思い出に引き戻されて、私はどこへも行けないのだなとさとる。だれか、私を遠くまで連れて行ってほしい。遠くへ連れて行ってくれる人を待ち望んでいる。

神社参拝のついでに、おみくじを引いて、占うようになった。私はお別れされる前は、占いなんて信じていなかったけれど、彼にお別れされるようになってから、目に見えないこれまでのバランスを崩して、占いを信じるようになった。目に見えるものだけを信じちゃいけないよ。このまま、あやしい世界にどっぷりはまってしまったらどうしよう。小さい頃は、占いが大好きだったから、今更、か。

遠くへ連れて行ってくれる人が、もう一度彼だったらいいなとひそかに思っている。