ゆっくりとさよならをとなえる

いざ、生きめやも/さよならの学者に、なりたい

著しく損なわれたから

夜じゅうずっと、彼を憎んだり恨んだりしていた。