読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆううつ日記

いざ、生きめやも/さよならの学者に、なりたい

電話

携帯電話をなくしたので、番号を変えた。これでもう彼からの連絡はあったとしても私にはわからないということになる。ないだろうから、待っても無駄だと思って、見切り発車をした。昨日それで、悲しくて寂しくて涙がこぼれた。彼はもう私のことを忘れているだろうと思う。もしくは、恨まれているのかもしれない。

私は彼を恨んでいる。同時に、いとしくも思う。いとしさのはけ口であり、恨みの対象である。どうすればいいんだろうな。こんな毎日を。もう死のうかと一昨日からずっと考えている。自分の死を思って、涙を流すことがある。

彼に呼びかけられたい。変わらない二人のことを、変わらない二人で話し合えたらいいのに。それができたとき、私はやっとさよならできるんじゃないだろうか。正しいさよならなんて、どこにもないけれど。

広告を非表示にする