ゆっくりとさよならをとなえる

いざ、生きめやも/さよならの学者に、なりたい

送った手紙の話

先日彼に送った手紙、もう少しつまびらかに自分の心情を書けなかったものかなと少し後悔してる。あれで伝わるのだろうか。伝わっても伝わらなくても、私にはそれを知るすべはない。彼は彼のことを私に決してこの先教えてくれることはないから。