ゆっくりとさよならをとなえる

いざ、生きめやも/さよならの学者に、なりたい

みんな死ね

もうみんな憎いよ。みんな嫌いだよ。みんな、死んで消えてしまったらいいのに。元彼のせいだよ。あの人さえ、愛を終わらせなければ、私は間に合わせの薄汚い包帯に、今更ながら苦しまずに済んだのに。お別れされた後、私は失恋の痛みに耐えきれずに、憎い家族に接近してしまった。そうして失恋の痛みを、痛い、助けてくれ、と叫んで示したのだった。どうにもならないのに。

今朝も目がさめてしまったな。夢見たのに、憶えてない。