ゆっくりとさよならをとなえる

いざ、生きめやも/さよならの学者に、なりたい

苦しい

彼にもう一度会いたいのか、もしそうだとしたら何のためにそうしたいのか。私はどうしたいのか。わからなくてずっと心は瀕死状態だ。

自尊心を回復したいのだろうか。それもあるけど、それだけじゃない、私は彼を知りたいのだと思う。けど、彼はもう二度と私に会わないのだろう。

苦しくて悲しくてさびしくてたまらない。誰にも会わないでいたい、けど、さよならのために、誰かに会いたいとも思う。