ゆっくりとさよならをとなえる

いざ、生きめやも/さよならの学者に、なりたい

【言葉】やっぱり何かやりたいのでしょう。それでいてできないんです。

「先生はなぜああやって、家で考えたり勉強したりなさるだけで、世の中へ出て仕事をなさらないんでしょう」

「あの人はだめですよ。そういうことがきらいなんですから」

「つまりくだらないことだと悟っていらっしゃるんでしょうか」

「悟るの悟らないのって、――そりゃ女だからわたくしにはわかりませんけれど、おそらくそんな意味じゃないでしょう。やっぱり何かやりたいのでしょう。それでいてできないんです。だから気の毒ですわ」

「しかし先生は健康からいって、べつにどこも悪いところはないようじゃありませんか」

「丈夫ですとも。なんにも持病はありません」

「それでなぜ活動ができないんでしょう」

「それがわからないのよ、あなた。それがわかるくらいなら私だって、こんなに心配しやしません。わからないから気の毒でたまらないんです」

 

 

  夏目漱石『こころ』